オーディブルで3000Amazonポイントがもらえるキャンペーン!12月12日まで!

オーディオブックのおすすめアプリ比較!無料でどこまで聴ける?

女性 ヘッドフォン 音楽

 

オーディオブックは国内での人気が徐々に広まってきましたね。

その理由は本を目で追う必要がなく、スマホ一つですきま時間に手軽に聴くことができるから。

オーディオブックを耳で聴く習慣を身につければ、これまで活字が苦手だった方でもすきま時間を活用して1日1冊以上のペースで本を読むことができますよ。

オーディオブックを聴くメリット・デメリット

 

オーディオブックにはメリットとデメリットがあります。

簡単にまとめました。

デメリット

  • 読みたいコンテンツがない場合がある
  • 特定の箇所だけを読むには不向き
  • 専門分野の情報を深く知るには不向き

 

メリット

  • 雑多な読書に便利
  • 興味がなかった分野の良書に出会うことができる
  • 他の作業をしながら聴くことができる
  • 目で追うよりも速く読める
  • 本を買うよりも安い

 

特にこれから紹介する聴き放題プランでは、たくさんの本を聴く時により多くのメリットがあります。

こちらの記事も良ければ参考にしてみてください。



大手オーディオブックを比較してみた

ここからは大手のamazon audible(アマゾンオーディブル)とaudiobook(FeBeからサービス名を変更)を比較します。

ちなみにどちらもスマートフォンのアプリをダウンロードして会員登録することで利用できますよ。

 

audiobook(FeBe)の特徴

 

  • 聴き放題プランは月額750円
  • 聴き放題プランはだれでも1か月間の無料体験ができる
  • 聴き放題プランのコンテンツは1万冊
  • 倍速機能は0.5~4倍まで調整可能
  • 別料金で単品購入も可能
  • 月額会員プランでお得にポイントゲット



聴き放題プランは月額750円・だれでも1か月間の無料体験ができる

audiobookの最大の特徴は聴き放題プランの安さです。

後述のamazon audibleが月額1500円なので半額で聴き放題プランを利用できます。

1ヶ月の無料体験はamazon audibleと同じ条件です。

聴き放題プランのコンテンツは1万冊

audiobook.jpで単品販売している商品のうち、1万冊が対象となっています。

聴き放題プランとは ? audiobook.jp – よくある質問・ヘルプ

 

つまり聴き放題プランのコンテンツは1万冊ということですね。


倍速機能は0.5~4倍まで調整可能

倍速機能は今やほとんどのオ―ディオブックで利用できます。

ただし0.5~4倍というのは珍しいですね。

私は1.5倍や2倍で聴くことが多いので0.5倍や4倍はほとんど使用しません。汗

聴き放題以外のオーディオブックを別料金で1冊ずつ購入できる

audiobookのその他の特徴は単品購入で比較的新しい書籍やベストセラー商品を聴くことができるという点です。

単品購入の金額は1冊だいたい1500円前後のものが多いです。

聴き放題の1万冊以外で気になる本があればオーディオブックとして購入できるのは嬉しいですね。


月額会員プランで単品購入に使えるポイントを毎月お得にゲットできる

月額会員プランはオーディオブックを定期的に単品購入する人に対しての割引サービスだと考えれば良いでしょう。

月額料金を払えば、その金額に応じて単品購入に使えるポイントを毎月もらうことができます。

月額324円支払い→毎月400ポイントゲット
月額32400円支払い→毎月40500ポイントゲットなど
audiobook.jp-月額会員プランとは

*プレミアム会員の情報については新規受付を終了しているので割愛しています。

audiobookのカテゴリは全9種!聴き放題プランの気になるコンテンツは?

聴き放題プランのカテゴリはこちらです。

ビジネス
自己啓発
教養
語学
実用/資格
文芸/落語
アニメ・講演会・ロマンス

audiobook.jp

 

audiobookが比較的強いのはビジネス、自己啓発分野ですね。

『EQこころの鍛え方』(高山直)や『お金の才能』(午堂登紀雄)、『一瞬で人の心を誘導する技術』(加藤聖龍)などなど、面白そうな本が並びます。

古典文学では『こころ』(夏目漱石)や『人間失格』(太宰治)、『風立ちぬ』(堀辰雄)などがあります。

古典~近代文学作品はわりとありますが、例えば太宰治の作品を全て読みたい!という場合には適しておらず、代表作をかじってみたいという方にはよいかもしれません。

現代小説を探そうと思うとかなりがっかりすると思います。

基本的にaudiobookの聴き放題プランはお試し版と捉えるのが無難のようです。


聴き放題プランのコンテンツが増えることは望まない方がいいかも

audiobookの聴き放題プランは単品販売への導線を増やすことが狙いのように見えます。

その分、聴き放題プランの価格が安く設定されているのでしょう。

ホームページでも一万冊と明記していることからコンテンツが増える可能性は高いとはいえないと思います。

audiobook公式ページ



amazon audible(アマゾンオーディブル)の特徴

 

  • 月額1500円で聴き放題
  • だれでも1か月間の無料体験ができる
  • 無料体験にamazonアカウントを使用
  • App Storeのアプリ評価は☆4.5(2018/04/03時点)
  • 倍速機能は0.75~3倍まで調整可能



amazon audibleの料金はとてもシンプルで月額1500円です。

それ以外の料金プランは用意されていません。また単品購入には対応していません。

無料体験期間中であれば料金はかからないので1か月間試してみて聴きたい本がなければ解約を考える、ということもできますね。

無料体験にamazonアカウントが必要

audibleはアマゾンの子会社に位置しています。

そのためaudibleの無料体験をする際はamazonアカウントを使用することになります。

amazonで買い物をする方は比較的スムーズに登録できますね。

App Storeのアプリ評価は☆4.5(2018/04/03時点)

アプリの使いやすさはサービスを選ぶ時に重要だと思いますが、amazon audibleは使いやすいです。

サクサク動きますし、聴いた本は端末から削除しておけばデータ容量も圧迫しません。

あまり重要視されませんがマイデータからそれまでのリスニング時間をグラフで見たり、聴き終わったコンテンツの数に応じてバッジがもらえます。

見返すと少しだけテンションが上がります。(本当に少しだけです。汗)


倍速機能は0.75~3倍まで調整可能

倍速機能は標準装備されています。

オーディオブックは1倍で聴くとゆっくり感じることが多いので倍速機能をどんどん活用しましょう。

ちなみに無料体験中も倍速機能を使うことができます。

 

amazon audibleのカテゴリは20種以上!気になるコンテンツは?

カテゴリまとめはこちらです。

・名作文学・現代文学
・時代小説・ミステリー/ホラー
・SF/ファンタジー・古典/神話
・絵本/児童書・詩歌
・自己啓発
生き方/人生論
成功法
人間関係/コミュニケーション
・ビジネス
マネー/資産運用
マーケティング/セールス
キャリア/マネジメント
・ライトノベル/BL/声優・落語/寄席/演芸
・語学・学校/教育
・科学/テクノロジー・社会/政治
・宗教/哲学・評論/対談
・歴史/地理研究・地理/旅行
・エッセー/自伝・暮らし/健康/趣味
・ヒーリング・エンタメ/カルチャー
・ラジオ・ラジオドラマ
・官能・アダルト
・洋書など英語で聴けるその他のカテゴリ

amazon audible

 

カテゴリは細分化されていますが、メインはビジネス、自己啓発と小説です。

またどのカテゴリもある程度の冊数は用意されているので、聴くものがないということにはならないかなと思います。


コンテンツ不足とはいえ着々と新着書籍情報が発表されている

オーディオブックの難点は基本的にコンテンツ不足にあるでしょう。

amazon audibleには1万程度のコンテンツがありますが、電子書籍のKindle(オーディオブックではない)は洋書やアクセサリなどを除いた日本語書籍の数がおよそ30万冊といわれています。

比較するとaudibleのコンテンツがかなり少ないということがわかりますね。

しかし少しずつではありますが着々とaudibleのコンテンツは増えているので今度さらに充実してくることは期待できます。

ちなみに新着書籍のジャンルはビジネス、自己啓発、過去の芥川・直木賞を受賞した小説やライトノベルが多いです。

やはり読者数の多いカテゴリから内容は充実していくようです。



結局どっちがいいの?

聴き放題プランの金額を取るなら断然audiobookが安いです。

当たり前ですが750円と1500円では倍も違いますからね。

アプリの使い勝手はamazon audibleが一歩リードといったところでしょうか。

書籍の量と質を重視するのであればamazon audibleをおすすめします。

新着情報がぞくぞく届くのもいいですよね。

課金を前提にするのであれば、まずaudiobookを試してみる→聴きたい本がなくなったらamazon audibleに移行するという選択肢もありますね。

もちろん最初からamazon audible一択で!というのもありです。

迷った場合は無料体験期間を利用して両者のコンテンツをざっと確認して実際にいくつか本を聴いてみるのがおすすめです。

ちなみに私は今のところ両方とも聴き放題の会員になっています。

本を探す楽しみは2倍になりますが、本を聴く時間は2倍にはできないので困っています。笑



終わりに

こちらではオーディオブックのおすすめアプリを比較しました。

まだ本を耳で聴いたことがないという方は一度試してみるのはいかがでしょうか?

関連記事

コメントを残す