ゲーム

【結局のところ人狼ジャッジメントは何が面白いのか?】

 

クマサト
クマサト
人狼ジャッジメントが楽しすぎるぞ
ねね
ねね
またゲームばっかりしてー!
クマサト
クマサト
だって面白いんだもん(汗)

 

人狼ジャッジメントが楽し過ぎます。クマサトです。

プレイヤー人口もずいぶん増え、このゲームも大人気になりましたね。

それにしても人狼ゲームって一体何が面白いのでしょうか。

こちらでは人狼ゲームの面白さをまとめてみました。

イラスト 音符 波
人狼ジャッジメントで遊ぶなら知っておきたい8つのこと!人狼ゲームを手軽に遊ぶことができる【人狼ジャッジメント】。 こちらではそんな人狼ジャッジメントで遊ぶ時に知っておきたいことを8つに...

人狼ゲームには無限のパターンがある

人狼ゲームにはいくつかのある程度型にはまったパターンがありますが、いつも型通りにいくとは限りません。

時には市民が狂人を演じてみたり(リアル狂人)、霊能者や占い師がカミングアウトせずに初日に処刑されたりと予想外のことが多々起こります。

また、参加人数を増やしたり、役職を変えるだけで途端(とたん)に進行が様変わりするところも面白いですね。

何回プレイしても面白いと感じるのは人狼ゲームに無限のパターンがあるからでしょう。

 

人見知りでも会話に参加できる(しないと負ける)

人狼ゲームでは人見知りの人でも積極的に会話に参加する必要があります。

というかコミュニケーション中心のゲームなので、会話に参加しなくては負けてしまいます。

他のプレイヤーもゲームに勝つために話をしっかりと聴いてくれるので私みたいに友達がいない人にはベストプレイスになる可能性がありますね。(笑)

ゲームに負けたくない方はこちらも参考にどうぞ。

 

ディベート要素がある

ディベートを知っていますか?

たとえば、朝ご飯にご飯を食べるのか、パンを食べるのか二手に分かれて意見を言い合うというあれです。

本人がご飯派なのかパン派なのかに関係なく、分かれた方の味方になりメリットやデメリットを議論するものですね。

人狼ゲームも割り当てられた役職はランダムですよね。

そこで人狼側の味方をするのか、市民側の味方をするのか。

時と場合に応じて意見を使い分けながら、反対意見を論破しなくてはなりません。

人狼ゲームをしていると自然にディベートの力がついてくるように感じます。

上手くいかない方は何度もログを見返してみましょう!

 

物事を両面から深く考えるようになる

人狼ゲームでは人狼陣営でも市民陣営でも両方の言い分を考えなくてはなりません。

市民陣営だと確信していたプレイヤ―がもしも人狼だったとしたら、それまでの他の人の役職はどうなるのか。

一面から見ていたのでは騙された(だまされた)時に考えを見直すことができません。

人狼ゲームに本当に強い人は一人一人のプレイヤーにそれぞれを役職をすべて当てはめながら考えていると聞いたことがあります。

そこまではできなくても、怪しんでいる人が人狼陣営だった場合と市民陣営だった場合の2パターンは考えておきたいものですね。

キャラクターが可愛いorカッコいいからといって素直に信じすぎてはいけませんよ。

 

どのような発言で人は疑い、信頼するのかがわかるようになる

人狼ゲームを続けていて面白いのは、どのような発言で人は嘘をついていると感じ、信頼できると感じるのかわかってくるところです。

たとえ本人が本当のことを言っていても人から信頼を得られるような言い方でなければ意味がありません。

そのため本当のことを言う時でも工夫する必要がでてきます。

 

まとめ

人狼ゲームはコミュニケーションを主としたゲームです。それが他のゲームと大きく違うところですね。

コミュニケーションが苦手な方でもゲームをするだけで会話が上手になるかも。まだプレイしたことがないという方はぜひ、遊んでみてください。

おすすめです。

関連記事

コメントを残す